ヘアサロン用 店頭フラッグオススメ内容

この記事の所要時間は約  1

 

高級生地遮光スウェード 両面仕様 昇華転写

[ip5_ornament design=”bg-deco-marker-p” width=””]

お客様より御相談を受けました

松戸ヘアサロン/田谷 様

いつも、フラッグを作成しておられるのですが、直ぐに、破損するので

作成したいとのことでした。

オウエンダンマク-BTI で作成するのは初めてのお客様で御相談をお請け致しました。

素材は長期なら遮光ターポリン 通常店頭フラッグなら 遮光スウェード(高級・通常 2種)

オウエンダンマク-BTIのサイトを御覧戴き、御相談をお請け致しました。

 

 

お客様の内容はいつも 2ヶ月~3ヶ月で破損して、サロンのイメージが悪くなる感じのようでした。

オススメはやはり、ターポリンだったのですが、お客様はそれ以外が良いとのことで

遮光スウェードをオススメ致しました。

高級な遮光スウェードと通常のグレースウェードとをオススメ致しました。

グレースウェードの方を選択戴き、作成に・・・

上部はBARに巻くための棒袋縫製になるように、マジックテープ加工

●BARを横からスライドできないらしく、巻きつける形での縫製加工をリクエスト(別注)

下部にハトメ加工のことをお聞きしましたが・・・要らないとのことでした。

そこで、オウエンダンマク-BTI より、提案致しました。

「なぜ、下部のハトメ加工が要らないのか?」 疑問を感じましたので、お客様にお聞きしました。

「店舗の写真を送っていただけますか?」 こちらから、店舗の写真を送って戴きたいことをお願いしました。

「やはり・・・・」

 

●BARは横からスライドできなくBARが落ちないようにワイヤーで先端を釣っている感じに・・・

 

●ハトメ加工でフラッグのアンカー留めがない・・・

 

この2つの欠点が、直ぐに破損になる原因と判断いたしました。

お客様に、壁用のアンンカー留めの部材をご自分でご購入いただくこと・・・

(東急ハンズなどで販売されています)

どんな部材かを、メール写真でご確認戴いて、ご用意戴きました。

ご自分で取り付けされることをご提案して、

(簡単なので)壁が、ボルトを打てるなら、ボルトでアンカーを固定

出来なければ、超粘着両面テープで固定することをご提案致しました・・・

 

一番の原因は、風に煽られて、BARに絡みついたり、バタバタと壁にアタリ・・・

ボロボロになったりするのを防ぐ為には、風の煽りをいかに、受け流せるように取り付けるかで

フラッグの寿命がグーーーンと延びます。

 

一番のオススメは、ハトメ加工の部分とアンカー留めをロープ止め、

 

もっといいのは

ゴム(チューブ)とかが良いと思います。

なぜなら 風は一瞬の力でずっと吹き続けているわけではないので、ゴムで力を分散させれば

元に戻りますので、便利です。

 

 オススメです!

 

このように、お客様から写真を戴いたり、御相談をお受けしながら、作成させて戴いております。

経験値豊富なオウエンダンマク-BTI で、是非、店頭フラッグ・街灯フラッグなどの御相談があればお気軽にご連絡下さい

 

[/ip5_ornament]

 

★見積り無料!
※下記からご相談下さい 大歓迎!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

【メッセージ確認】

お問い合わせの内容はこちらで宜しいですか?
チェック戴き送信ボタンをクリックして下さい