横断幕 値段は価格に比例する、適正価格なのかを考える

この記事の所要時間は約  1

作成の時に考えるのが、値段!

cy-1

確かに価格が気になります!

気になるのは、皆さん価格ですよね・・・

格安価格でも品質にこだわり抜いた横断幕・応援幕

ネットで調べても、一番最初に思うことは、

1ページ目とリスティングの広告部分に目が行きます!

広告宣伝を掛けているところは、殆どが、Yahooの広告部分です!
では、どこが横断幕の値段が適正なのかを考えると
安いところは、海外生産 特に韓国・中国が殆どです。

最近では、航空便も頻繁に来ていますので

約3日~5日くらいで到着します。

確かに価格は安いのですが、注意が必要です!
弊社も昔、付き合っていた海外メーカがありました。

どうしても、安く作成したいということで・・
大漁ののぼり旗や、懸垂幕を発注したことがあります。

ただ、縫製が間違っていたり、色が微妙だったり・・・
そんな経験があります。

なので、現在はプリンターと国内産のインクが安くなったので海外より逆に
安く提供できてりのではないでしょうか・・・

海外生産の困ったところは、下記を参考に・・・

色合いが思っていたものでなかったり、

色落ちがしたり、ニオイが気になる部分もあったりします。

縫製に関しては、やはり、雑なイメージが多いです。

品質・縫製品質・失敗時の再作製の時間的な部分を考えると

国産生地で国内縫製が一番いいと思います。

プロがお話していますので、間違いありません。

のぼり旗でも、横断幕や応援幕の値段でも

比較的、段違いに安いところは、気を付けた方が良いでしょう!

一時的に使うのみで、一回こっきりとか、2~3日であれば

品質にこだわることはありません!

安い輸入品を購入することも視野に入れましょう![/ip5_ornament]

長期的に使いたい!

安いものではないので、品質の良いものを使いたい

そういった時は、国産生地・国内生産をオススメ致します。

何が違うのか?

横断幕や応援幕は値段に比例して、品質が全然違ってきます。
以前にも、毎回ご購入のお客様から質問があり、

弊社のターポリンサンプル(縫製・ハトメ加工)などのものを

他者と比べられたのですが、

全く別物との評価を得られました。

生地や縫製などの品質が全然違うことを

指摘され、企業でしたので約50万くらいのご注文だったので

何社かと、価格の比較・品質比較・加工比較をされ、

若干の値段で、これだけの差があると、驚ろいておられました。

ネットでは、価格・値段だけ先行して、考えさせられたことを

お話しを戴きました。

ターポリンの輸入生地は防炎仕様でないのが殆ど!

まず、大まかに、ターポリンであれば、輸入材生地では、防炎加工認定がまず取得できないので

業者を選ぶときは、聞いてみましょう!
ポリエステル生地の場合も、(ポンジ・トロピカル・トロマット・スウェード・サテン)その他

色々、ありますが、韓国や中国で作成されているものは、これも、認定工場のシールを

貰うことはできません!

是非、参考に・・・・

 

 

 

 

★見積り無料!
※下記からご相談下さい 大歓迎!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

【メッセージ確認】

お問い合わせの内容はこちらで宜しいですか?
チェック戴き送信ボタンをクリックして下さい