横断幕の用途 使い方の工夫

この記事の所要時間は約  1

横断幕を使ったキャッチーな販促品

街を歩いてみると 様々な幕・横断幕の部類の物を目にします。

アーケードや陸橋 マンション 駐車場フェンス 店舗軒下 店舗壁面

あらゆる所に、横断幕 懸垂幕 街頭フラッグ タペストリー 日除け幕 メニューバナー と 回りを見渡せばどこにでも存在しています。

それだけ、意識して見た事はないと思いますが、意識して、見渡すと

どこにでも存在しています。

横断幕とは 横幕のこと、応援幕とは 横断幕 懸垂幕 垂れ幕 旗なども含まれます。

大勢の人にアイキャッチされるよう、文字・文言・画像・色使い・デザインで駆使して

いかに、人の目に触れるかで人の意識が変わるのが判ります。

スポーツであれば応援幕に標語や四文字熟語・スローガン・みんなで決めた言葉・暗号的なものなど、目標や 今やらなければならない事柄を印象づけして、認識させる効果が間違いなくあります。

個人競技も団体競技も 精神的な部分に於いて、アスリート達は心の支え、力を出し切る意識を高める事が出来るのです

至って、販促として使用する場合は、昔はコピーライトで、言葉で連想させたり、イメージを膨らませる言葉で人を誘導していました。

現在は文字だけでなく、画像・カラフルな色数で視覚に訴える、広告が主流になってきました。

人間にとって、視覚に訴えることが一番、連想イメージを焼き付ける手段となっています。

テレビの普及で映像と音でCMで訴える 動的広告と同じように静的広告として 横断幕を使用するのが主流になって入るのです。

映画館に行けば、新作映画のキャッチーなタイトルや、画像・一部内容を中心に掲示されていると思います。

それだけ、幕というものが身近にあるということを、認識して、人の興味のあるものに全般的に幕として、使用されているのです。

是非、スポーツや販促・啓蒙活動に使用してみましょう

作り方が判らないときは、是非、横断幕専門店のオウエンダンマクにご相談下さい。